私が入った会社は、とても厳しいところでした。

新入社員教育でのエピソード
新入社員教育でのエピソード

29歳 女性の話「私が入った会社は、とても厳しいところでした」

私が入った会社は、とても厳しいところでした。
塾業界だったのですが、非常に大変でした。

新人社員教育では、教務力を高めるために、授業の研修が行われました。
実際に、たくさんの上司や同僚の前で、模擬授業を行います。その際に、上司や同僚が生徒役になります。生徒役は、とても意地が悪い質問や、困るような要望をどんどん出してきます。それをいかにうまく対応しながら、授業も進めるかがポイントになります。

しかしながら、新入社社員に全てをスムーズに対応するのは、とても難しいことです。
途中で、模擬授業を投げ出してしまう人もいました。
女性で、泣いてしまう人もいました。
実際、私も「とても厳しい。」と思い、あまり好きな研修ではありませんでした。

けれど、今思うのは、厳しい研修があったからこそ、本当の授業でも堂々としていられるのだ、と感じました。
新入社員の時は、しんどいかもしれませんが、そこで頑張ることで、後がぐっと楽になります。
Copyright (C)2017新入社員教育でのエピソード.All rights reserved.