新入社員の教育は、その後のその新入社員のキャリアを大きく変えるものになるので、私が新入社員の教育を任された時は、とても気を使うというか、気配りをしていました。

新入社員教育でのエピソード
新入社員教育でのエピソード

40歳 女性の話「新入社員の教育は」

新入社員の教育は、その後のその新入社員のキャリアを大きく変えるものになるので、私が新入社員の教育を任された時は、とても気を使うというか、気配りをしていました。

厳しくし過ぎて、委縮させてしまい、自信を無くさせてしまっても、うまくいきません。注意すべきところは、びしっと注意しますが、なるべく出来たことを見つけて、誉めるようにしていました。

専門的な技術を教えた時に、まずはお手本として、自分でやって見せます。そして、手順などを説明し、実際に新入社員にやってもらうのですが、初めてやる仕事に、新入社員はドキドキものです。
その時、私はさり気なく新入社員の後ろで、違う仕事をしているふりをして「いざという時はすぐに変わるから、安心してやってみな!」と言って送り出しました。

やはり、初めての事ですからうまくいかず、すぐに「新人には無理」と判断して、「変わりますね〜。」とさりげなく変わって、無事に仕事を終えました。
出来なかった理由を新入社員に説明し、「でも、ここまでは出来ていたよ、偉い偉い。次はきっと出来るよ。」と言いました。

後から聞いた話では、その時の言葉が、どれだけ心強く励ましになったかと感謝され、成長した新人さんに私も嬉しく思ったことがありました。
Copyright (C)2017新入社員教育でのエピソード.All rights reserved.