新入社員教育でのエピソードは、自分が教育する立場の時のことと、教育される立場の時のことと二つあります。

新入社員教育でのエピソード
新入社員教育でのエピソード

39歳 女性の話「新入社員教育でのエピソードは」

新入社員教育でのエピソードは、自分が教育する立場の時のことと、教育される立場の時のことと二つあります。
自分が教育される立場の時のエピソードでは、とにかくすごく厳しく怖かったということです。
初めて社会に出て、右も左も分からず、緊張して頑張っていたのですが、社会は厳しくて結構怒られました。
愛のある怒り方ではなくて、厳しい会社の中で社員はピリピリしていて、ストレス発散のために、新入社員を怒鳴るという感じでした。
いわゆる、今で言うブラック企業というものだったのかもしれません。新入社員は次々と辞めて行きました。
私も我慢していたのですが、あまりのブラックさに辞めてしまいました。
新入社員教育という名のいじめだったのかもしれません。自分が教育する立場になったら、こういうことだけはしたくないと思いました。

そして、自分が新入社員を教育する立場になりました。
その時は、歳も10歳くらい違っていて、話も合わなかったです。

でも自分がされて嫌なことはせずに、愛情をもって教育しました。
そのお陰か、新入社員で辞める人がいなかったことは、自分の誇りになりました。
Copyright (C)2017新入社員教育でのエピソード.All rights reserved.