新入社員教育でのエピソードについて思い浮かぶのは、自分が指導する立場になってからの事が多いです。

新入社員教育でのエピソード
新入社員教育でのエピソード

32歳 女性の話「新入社員教育でのエピソードについて思い浮かぶのは」

新入社員教育でのエピソードについて思い浮かぶのは、自分が指導する立場になってからの事が多いです。

病院の事務で働いていた時には、入れ替わりが激しいハードな職場だった為、入社半年にしてすでに教える立場にならなければなりませんでした。
そこの職場に入ってくる新入社員とは、苦いエピソードが多くあります。自分が最後に使った備品がなくなった時は一声かけてねと伝えても「私のせいですか?」と逆切れされるとか、約束した期日までに仕事が終わらないのに、コチラから声をかけるまで教えてくれないのです。
また、それを何度も繰り返します。
誰にでもミスはあるし、初めての仕事がスムーズにいかないのは当然の事。ただ、先輩から言われた言葉を素直に受け止めようとする心や、1度したミスを2度としないように心がける気持ちは、たとえ新人だとしても持ち合わせていて欲しいと思ったものです。

しかし、その経験を通して、転職により自分が教えてもらう立場になった時の心構えが、身に付いたように思います。
Copyright (C)2017新入社員教育でのエピソード.All rights reserved.