私は大学卒業後、精密部品の製造工場に入社しました。

新入社員教育でのエピソード
新入社員教育でのエピソード

42歳 男性の話「私は大学卒業後、精密部品の製造工場に入社しました」

私は大学卒業後、精密部品の製造工場に入社しました。
当時は、まだ何も分からず、色々なことに不安を抱えておりました。
そんな不安を悟られないように、見た目だけでもキッチリしておこうと、スーツを入社前に新しく購入しました。

通常ですと、リクルートスーツなどが定番なのですが、印象強くしたかったので、モード系の黒いスーツで、赤いシャツに黄色のネクタイで、新入社員として臨みました。
今思えば、結構派手だったと感じます。
入社したのは全部で9人、その中で男は私1人でした。
自分では、周りを引っ張っていかないと、という思いでした。

そんな見た目から入った入社式でしたが、自分ではオーラを出して、大物気取りだったのですが、ふと周りの人から伝えられたことがあります。スーツの背中のスリットに紐が結んでついており、周りの方がみんな気付いていたことです。
バッチリ決めたつもりが、とんだところで抜けていました。
回りからは、そのギャップが面白かったのか大笑いで、大物ぶりも小物扱いとなってしまいました。

同期からも、慕われるよりもフレンドリーという感じになってしまいました。
Copyright (C)2017新入社員教育でのエピソード.All rights reserved.