私が新入社員だったのは、もう20年近く前の話になりますが、会社に入社してからすぐに、新入社員教育がありました。

新入社員教育でのエピソード
新入社員教育でのエピソード

40歳 男性の話「私が新入社員だったのは」

私が新入社員だったのは、もう20年近く前の話になりますが、会社に入社してからすぐに、新入社員教育がありました。

入社式を行なった後すぐに、新入社員教育がスタートしたのですが、まずは同期の新入社員が私の他に4人いたので、その同期の名前と顔を覚えるために、名札をつけて自己紹介の練習から始めたのを覚えています。皆、緊張感からか、ちゃんとした自己紹介ができたのかは定かではありませんでしたが、自分の他に、それだけ同期入社の人がいるのは、心強かったです。

それから、会社の会議室で、会社の辿ってきた歴史や、倉庫会社だったので、平米や坪単価といった荷役の計算などについても勉強しましたが、とても難しかったのを覚えています。
更には、会社から同じ市内の営業所まで、かなりの距離を歩く、歩行訓練のようなものをしました。
スーツを着て歩く距離ではとてもなかったのですが、メモ帳を持って、街中で目についた、特徴のある風景を記録しながら歩いたという体験は、今でもとても良い経験をしたと思っています。
Copyright (C)2017新入社員教育でのエピソード.All rights reserved.