大企業ですとか新人教育のプログラムが充実している所は、会社に入ってから社会人としての礼儀作法も含めて教育してくれると思うし、場合によっては内定が出たら、直ちに研修に入る会

新入社員教育でのエピソード
新入社員教育でのエピソード

36歳 男性の話「大企業ですとか新人教育のプログラムが充実している所は」

大企業ですとか新人教育のプログラムが充実している所は、会社に入ってから社会人としての礼儀作法も含めて教育してくれると思うし、場合によっては内定が出たら、直ちに研修に入る会社もあるようです。

そう言えば、まだ高校の時に富士山に行ったのですが、そこで合宿中と思しき会社の新入社員さん達が、先輩の命令で大声で街頭で自己紹介している風景を見ました。
ああいう体育会系のノリは嫌ですが、私が入った会社でも一風変わった社員教育プログラム有りました。

まだ、バブルの余韻の残る時期だったからだと思うのですが、新入社員をいきなり取引先の商社、それもアメリカの事務所に預けるという研修プログラムです。
勿論、商社マンと違って英語が達者な訳でもなく、何となくアメリカでも生きていけるとか、商社の仕事ぶりを肌で感じさせるとかが目的のようで、最大の壁はどれだけ金を使えるかにあったようです。

会社の金を思い切って使えるかどうかで、商談に使える人間かどうか見る目的も有ったようです。
私は肝っ玉が小さい方で、結局一ヶ月の間に直接自分で買い付けることは出来ませんでしたが、そういうチャンスがあるだけでも、かなり面白い会社だったと思いました。
Copyright (C)2017新入社員教育でのエピソード.All rights reserved.