新入社員教育と言えば、思い出すのは生命保険時代の研修です。

新入社員教育でのエピソード
新入社員教育でのエピソード

25歳 女性の話「新入社員教育と言えば、思い出すのは生命保険時代の研修です」

新入社員教育と言えば、思い出すのは生命保険時代の研修です。

その時は、オフィス街の中にある研修センターで、約2ヶ月キッチリと教育を受けるというものでしたが、お昼に同期と行くランチが特に楽しみでした。
ワンコインのランチとか、美味しいお店とか、お弁当も充実していたのです。
だからこそ、座学で退屈だと思っていても、続けられたのではないかと思っています。
そして、そんな同期とのランチの中で一番強烈だったのが、講師に教えてもらったインド料理店です。
すごく味が薄かったり、虫が出たりで、今となっては笑い話でしたが、当時は講師に文句言っていました。
そして、生命保険の募集人資格を受ける時には、講師に励ましてもらい、面白い話をしてもらって和み、今思うと会社というよりは学校みたいな空気の中で、研修を受けていました。

もう、おそらくあの場に戻ることはありませんが、いい思い出として、これからの人生の糧にしていければいいなと思います。
Copyright (C)2017新入社員教育でのエピソード.All rights reserved.